治療期間の短い外科矯正(サージェリーファースト)-矯正歯科・歯列矯正専門 大阪 梅田の大西矯正歯科クリニック

大阪 梅田の歯列矯正専門歯科医院-大西矯正歯科クリニック(日本矯正歯科学会指導医・認定医)

医療法人
大西矯正歯科クリニック
〒530-0012
大阪市北区芝田1-4-8
北阪急ビル2F

TEL:06-6372-8254
FAX:06-6376-3810

診療時間:
【月・火・水・金】 11:30~15:00
           16:00~20:00
  【土・日】    9:30~13:00
           14:00~18:00
(日曜日は第1日曜日診療)
休診日:
【木・日・祝】

自立支援医療
(育成医療・更生医療)指定機関
顎口腔機能診断施設

iTero element(アイテロ エレメント)口腔内スキャナー
Happy Smile!~治療を終えられた皆様の声~
院長のコラム~矯正つれづれ叢~
歯科衛生士ごうちゃんの矯正日記
フェイスブック
携帯・スマートフォン(スマホ)サイト

大西矯正歯科クリニックの治療期間の短い外科矯正(surgery first)

治療期間の短い外科矯正(サージェリーファースト)

外科矯正(外科的矯正治療)は手術で骨格ごと変えることができるため、骨格的な問題がある方や顔立ちが気になる方、通常の矯正治療では治せないような咬み合わせのずれがある方には大変有効な治療方法ですが、術前矯正治療と術後矯正の両方の治療期間が必要なため、通常の矯正治療より治療期間が長くかかる場合が多いのが難点でした。
そこで、最も治療期間のかかる術前矯正治療を無くして、最初に手術を行い、その後に矯正治療を開始するのが「サージェリーファースト(surgery first)」という方法です。

■サージェリーファースト外科矯正の治療の流れ

サージェリーファースト外科矯正の治療の流れ

■術前矯正治療なしで治療期間を短縮

通常の外科矯正では、術前矯正治療に1.5~2年、術後矯正治療に0.5~1年程度の治療期間が必要になります。それに対しサージェリーファーストでは、術前矯正治療を必要としないため、治療期間は1.5~2年程度になります。一般的な外科矯正に比べ、半年から最大で1年程度治療期間を短縮することが可能になります。

■一番気になるところを最初に改善

例えば、受け口が気になり外科矯正をする場合、通常の外科矯正では術前矯正治療の間は受け口は治らないため、一番気になる受け口が治るのは手術が終わった時、すなわち治療を始めてから1.5~2年後になります。一方、サージェリーファーストでは、最初に手術を行うため、一番気になる受け口が最初に治ることになります。受け口を治してから、歯のガタガタを治していきます。

■早期に口の周りの筋肉や軟組織の不調和を改善

外科矯正が必要となるケースでは、上下の顎の骨の大きさや位置がずれているため、舌や口の周りの筋肉、粘膜などの軟組織の調和がうまくとれていない場合がしばしばあります。この軟組織の不調和が歯の矯正にとっては障害となり、歯が動きにくくなることもあります。サージェリーファーストで早期に上下の顎の骨のバランスを合わせることにより、口の周りの筋肉や軟組織の調和をとり、歯を動きやすくすることができます。

■サージェリーファーストができない場合も

サージェリーファーストの方法では、術前矯正治療なしで歯のガタガタの状態そのままで手術するため、術後に咬み合わせが不安定になりやすくなります。治療前の歯のガタガタが強い場合や上下の歯並びの幅が極端に違う場合、上下の歯並びの形態が余りに異なる場合などにはサージェリーファーストの方法ができないこともあります。治療可能かどうかは、検査をした後、口腔外科の専門医と相談のうえで決定いたします。できるだけ早く外科矯正を終えたいとご希望の方は、お気軽に当院までご相談ください。

■サージェリーファーストは保険適応外

サージェリーファーストは、通常の外科矯正とは治療の流れが異なるため、矯正治療や入院、手術の費用を含め保険が適応されません。通常の外科矯正に比べ、治療費は高額になります

お問い合わせ