痛みの少ない矯正装置-矯正歯科・歯列矯正専門 大阪 梅田の大西矯正歯科クリニック

大阪 梅田の歯列矯正専門歯科医院-大西矯正歯科クリニック(日本矯正歯科学会指導医・認定医)

医療法人
大西矯正歯科クリニック
〒530-0012
大阪市北区芝田1-4-8
北阪急ビル2F

TEL:06-6372-8254
FAX:06-6376-3810

診療時間:
【月・火・水・金】 11:30~15:00
           16:00~20:00
  【土・日】    9:30~13:00
           14:00~18:00
(日曜日は第1日曜日診療)
休診日:
【木・日・祝】

自立支援医療
(育成医療・更生医療)指定機関
顎口腔機能診断施設

Happy Smile!~治療を終えられた皆様の声~
院長のコラム~矯正つれづれ叢~
歯科衛生士ごうちゃんの矯正日記
フェイスブック
携帯・スマートフォン(スマホ)サイト

大西矯正歯科クリニックの痛みの少ない矯正装置

痛みの少ない矯正装置

「矯正治療は痛いって聞いたんだけど」「矯正治療はしたいけど、痛いのは嫌だな」と思われる方も多くおられることと思います。かつての矯正治療は痛みが強く、装置の調整後2~3日は痛みを我慢する必要がありました。
しかし、セルフライゲーションブラケットの登場やワイヤーの材質の進歩により、治療中の痛みや違和感はずいぶんと少なくなりました。当院では痛みが少なく、歯が動きやすいセラミックセルフライゲーションブラケットを使用しています。

■歯が動きやすく、痛みの少ないセルフライゲーションブラケット

調整後数日間、患者様に痛みを我慢していただかなくてはいけないのは、矯正治療の大きな欠点でした。以前のブラケット装置では、歯を動かすワイヤーをゴムのリングや金属製の細いワイヤーを使用して、ブラケットに押し付けるように結ぶことにより力がかかるようにできていました。この押し付ける力が問題で、押し付ける力によって摩擦力がかかり、歯が動きにくく、動かすには大きな力が必要で、痛みが強く出やすかったのです。
それに対し、セルフライゲーションブラケットでは、ワイヤーをブラケットに押し付ける力がかからないかわずかであるため、弱い力で歯を動かすことが可能です。結果として歯が動きやすく、痛みもずいぶんと低減することができるようになりました。

■最新のセラミックセルフライゲーションブラケットを使用しています

クリッピーC

セルフライゲーションブラケットの登場により、治療中の痛みや違和感はかなり少なくなりましたが、金属製の目立つブラケットしかないのが難点でした。最近になりセラミック製の審美的なセルフライゲーションブラケットが登場し、見た目にも機能的にも優れたブラケット装置となりました。
当院ではセラミックセルフライゲーションブラケットであるクリッピーCを使用しています。クリッピーCは装置本体はセラミックでできており、ワイヤーをとめるためのクリップがロジウムコーティングされた金属でできています。クリップ部分だけ金属製になっていますが、コーティングされているため、目立ちにくいようにできています。当院では、装置の見た目やサイズ、機能性、清掃性などを総合的に考慮し、クリッピーCブラケットが最もバランスがよく、現状ではベストであると考えています。

■ミニスクリューとの併用で、より効果的に

セルフライゲーションブラケットは弱い力で歯を動かすことが可能なため、歯が動きやすく痛みが少ないのが特徴です。歯を効率的に動かすためのもう一つの装置として、矯正用ミニスクリューがあります。セルフライゲーションブラケットと矯正用ミニスクリューを組み合わせて治療することで、より効果的に治療することが可能となり、治療期間の短縮とより良い治療結果を得ることができます。

■ブラッシングもしやすく衛生的

セルフライゲーションブラケットはワイヤーをとめるためのゴムや細いワイヤーが存在しないため、食べかすや汚れがたまりにくく、ブラッシングがしやすいのも大きな特徴です。矯正装置をつけるとどうしてもブラッシングがしにくくなり、虫歯や歯肉炎が起こりやすくなりますが、ブラケット周りがシンプルなセルフライゲーションブラケットは、衛生的にも優れた矯正装置です。

■ワイヤーの交換もスムーズ

以前のブラケット装置では、調整のたびにワイヤーをとめていたゴムや細いワイヤーをはずし、調整が終わると再びすべてのブラケット一つ一つをゴムや細いワイヤーでとめていかないといけなかったため、一度の調整時間が長くかかりました。セルフライゲーションブラケットでは、クリップを開け閉めするだけでワイヤーをはずしたり、とめたりすることが可能なため、一度の調整時間を短くすることができます。

お問い合わせ