マウスピース矯正(インビザライン)-矯正歯科・歯列矯正専門 大阪 梅田の大西矯正歯科クリニック

大阪 梅田の歯列矯正専門歯科医院-大西矯正歯科クリニック(日本矯正歯科学会指導医・認定医)

医療法人
大西矯正歯科クリニック
〒530-0012
大阪市北区芝田1-4-8
北阪急ビル2F

TEL:06-6372-8254
FAX:06-6376-3810

診療時間:
【月・火・水・金】 11:30~15:00
           16:00~20:00
  【土・日】    9:30~13:00
           14:00~18:00
(日曜日は第1日曜日診療)
休診日:
【木・日・祝】

自立支援医療
(育成医療・更生医療)指定機関
顎口腔機能診断施設

Happy Smile!~治療を終えられた皆様の声~
院長のコラム~矯正つれづれ叢~
歯科衛生士ごうちゃんの矯正日記
フェイスブック
携帯・スマートフォン(スマホ)サイト

大西矯正歯科クリニックのマウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

インビザライン

これまでの矯正治療では、歯にブラケット装置を接着してワイヤーで力をかけないと歯を動かすことができませんでした。ブラケット装置は取り外しができないため、歯磨きを念入りに行わないと虫歯や歯周病に罹りやすいというリスクがありました。また外側の装置では、どうしてもブラケットやワイヤーが見えてしまうため、目立ちやすいという欠点がありました。
インビザラインは取り外し可能なマウスピースの装置で、食事や歯磨きの時は取り外すことが可能なため、非常に衛生的で虫歯や歯周病のリスクを大幅に減らすことが可能です。インビザラインは透明ですので、着けていてもほとんど目立ちません。

■原則として食事・歯磨きの時以外は1日中装着

インビザラインは取り外し可能なマウスピースの矯正装置ですが、原則として1日中装着する必要があります。食事・歯磨きの時はインビザラインを外していただいて構いませんが、1日20時間以上(理想的には22時間)の装着が必要です。装着時間が短いと、装置が合わなくなりインビザラインの再作製が必要になったり、治療が予定通り進まず、治療期間が伸びる原因になります。

■透明のマウスピースでほとんど目立ちません

インビザライン対ブラケット

インビザラインは原則として1日中装着が必要ですが、透明に作られているため、着けていてもほとんど目立ちません。最近ではセラミックブラケットやホワイトワイヤーの登場により、ブラケット装置もかなり目立ちにくくなってきていますが、見えやすいという欠点がやはりありました。
インビザラインは透明のマウスピースの装置ですので、ブラケット装置に比べ目立ちにくく、見た目にはほとんどわかりません。また裏側装置のように歯の裏側に出っ張りが着くことがないため、舌の違和感が少なく、発音発語に影響が少ないです。

■取り外し可能なため、非常に衛生的

インビザラインは患者さん自身で取り外し可能なため、食事や歯磨きの時は外していただきます。普段通りに食事や歯磨きを行うことが可能なため、非常に衛生的です。ブラケット装置に比べ、虫歯や歯周病のリスクを大幅に低減することができます。

■治療期間はブラケット装置と同等か早く終わることが多い

インビザラインは原則として10日に1度のペースで新しいトレーに変えていきます。それを繰り返していくことにより、少しずつ少しずつ歯を動かしていきます。指示を守って1日中しっかりとインビザラインを装着していただければ、治療期間はブラケット装置で治療するのと同等か早く終わることが多いです。

■ブラケット装置より痛みが少ない

インビザラインのトレイで一度に歯を動かす量は約0.2mm程度です。トレイを10日に1度交換して、少しずつ歯を動かすことを繰り返していくことにより、歯列・咬合を整えます。歯と顎の骨の間にある歯根膜の厚みは約0.3mm程度で、トレイで1度に動かす量は歯根膜の厚みより少ないため、痛み・違和感が低減されます。

■歯の表面にアタッチメント(引っかかり)を着ける必要があります

アタッチメント

インビザラインにも欠点があります。以前のインビザラインは歯の型を取って、そのままマウスピースを着けていただいていました。取り外し可能な装置のため、装置と歯の間に遊びがどうしてもあり、しかも歯の表面はツルツルしていて滑沢なため、装置が歯の表面で滑ってしまい上手く歯を動かすことができませんでした。それを改善するため、歯の表面にアタッチメントと呼ばれる引っかかりを着けることにより、歯と装置が緊密にと密着し、歯を厳密にコントロールすることができるようになりました。アタッチメントは歯と同じような色をした小さな出っ張りで、よく見ないとほとんど見えません。

■すべての症例に適応可能なわけではありません

インビザラインはブラケット装置と遜色なく治療することが可能ですが、すべての症例に適応可能なわけではありません。場合によっては、ブラケット装置と組み合わせて治療を行う場合や、インビザラインでは治療できない場合もあります。インビザラインで治療可能かどうかは、実際に口の中を診させていただかないと判断できませんので、インビザラインでの治療をご希望の方は、お気軽に初診相談にお越しください。

お問い合わせ