治療した歯がたくさんあるけど、矯正治療できるの?

歯と歯ブラシこれから矯正治療をお考えの方の中には、虫歯で治療した歯がたくさんあったり、歯や神経を抜いた所があるけど、矯正治療できるのかなと心配されている方もおられることと思います。現在の歯の状態にもよりますが、基本的には歯の根と歯茎がしっかりしていれば、矯正治療は問題なく進めることができます。しかし、いくつか気をつけていただきたいポイントがありますので、今回はその注意点についてお話させていただきます。

以前に虫歯になり大きな被せ物が入っていたり、神経を抜いていても、歯の根がしっかりしていれば、矯正治療には何ら問題がありません。しかし、被せ物の中には矯正装置(特にブラケット装置)を装着しにくい材料で作られている物があります。金属とセラミックの被せ物はブラケット装置がくっ付きにくい性質があります。

金属の被せ物は主に奥歯に使われることが多く、セラミックの被せ物は前歯を中心に奥歯にも使われることがあります。ブラケット装置は、専用の接着剤(セメント)で歯にくっ付けるのですが、金属、セラミックともにくっ付きにくい特徴があり、装置が途中で外れてしまう可能性があります。あまりに何度も外れてしまうようであれば、金属製のバンドというものを歯につけて装置をつけることになります。奥歯にバンドをつけるのはあまり問題にならないのですが、前歯にバンドを着けると、バンドがかなり目立ってしまい審美的に問題があるので、現実的には着けることができません。セラミックの被せ物にどうしても装置が付かない場合は、セラミックを一旦外して装置がくっ付きやすい材料の被せ物に変えて、矯正治療後に改めてセラミックの被せ物をやり変えるということが必要になります。その分費用もかかることになります。

奥歯に被せ物が入っている場合で他に問題になるのは、矯正治療前のずれた咬み合わせに合わせて歪な形の被せ物が入っている場合です。それでも大抵の場合は何とか矯正装置を着けることができるのですが、たまに装置を着けることが困難な場合や、着けてもすぐに外れてしまうことがあります。その場合は、やはり被せ物のやり変えをお願いすることになります。

あと問題になるのが、インプラントが入っている場合です。大きな虫歯や歯周病などで歯を抜いた後にインプラントが入っている場合、矯正治療しようとしてもインプラントは動きませんので、矯正治療できないことがあります。その場合は、インプラントの被せ物を一旦撤去するか、インプラントそのものを撤去して矯正治療することになります。インプラントを一旦撤去して治療後に植立し直すということになると、その費用や負担はかなり大きくなります。

すでに虫歯の治療を終えている場合はやむを得ないのですが、これから矯正治療をしようとしている方で虫歯の治療も必要という場合には、矯正医と一般歯科医の連携が必要になります。せっかく虫歯の治療をしたのに、矯正治療でその歯を抜くことになってしまったり、被せ物をやり変えることになってしまっては、費用も時間も無駄になってしまいます。矯正治療をお考えの方は、虫歯の治療前に一度ご相談いただければと思います。

2017年3月26日

院長 大西 秀威