矯正治療で歯ぎしりは治るの?

歯ぎしり当院に来られる患者さんの中には、歯が極端にすり減ってしまっている患者さんがおられます。歯が年月により徐々にすり減っていくことは自然なことですが、中学生や高校生でも歯の形が変わってしまうほどすり減ってしまっている方もおられます。なぜ歯が極端にすり減ってしまうかというと、一番多い原因は歯ぎしりです。歯ぎしりは寝ているときにしていることなので、本人が気付きにくく、周りから指摘されて自覚する場合がほとんどです。ひどくなければ周りの人も気付かない場合もあります。矯正治療すると歯ぎしりが治るかというと、結論的に言うと、よくなる場合もあるが、たいていの場合あまり変化しないという答えになると思います。例え歯並びが綺麗になって、咬み合わせが良くなっても、歯ぎしりは自然とはなくない場合が多いです。今回は歯ぎしりがある場合の対処についてお話したいと思います。

歯の咬み合わせは、歯の尖ってる山の部分が引っ込んでいる谷の部分に咬みこんで安定するようになっています。歯ぎしりを続けていると、歯に強い力がかかって歯にひびが入ったり割れる危険性があります。歯がどんどん削れて山の部分がなくなってしまいますので、谷の部分にしっかりと歯がおさまらなくなってしまいますので、咬んでもしっかりと咬めなくなり、咀嚼効率が悪くなるばかりではなく、咬み合わせも不安定になってしまいます。また、歯ぎしりや食いしばりをずっと続けていると、歯を支える歯茎が弱って歯周病の原因になったり、顎を動かす筋肉に異常な緊張が続き、顎の関節に異常な力がかかるため、顎関節症になるリスクが高くなってしまいます。

なぜ歯ぎしりをしてしまうのかというと、はっきりとした原因は、残念ながらわかりません。歯ぎしりの原因としてよく言われているのは、「咬み合わせ」と「ストレス」です。ただ、上記のように矯正治療しても歯ぎしりが治らないことが多く、咬み合わせが原因になっている場合は比較的少ないと思います。それはなぜかというと、普段寝ているとき、口は閉じて、鼻で呼吸しています。この時、下顎は少し下向きに開いて、上下の歯同士が少し離れた状態(安静位)になっています。この状態が正しい睡眠の仕方です。歯並びが綺麗でもそうでもなくても、寝ているときに本来は、上下の歯同士は接触しないはずなのです。歯ぎしりは歯並びや咬み合わせの問題というよりも、寝ている際に歯同士が接触してしまうことが根本的な問題なのです。そのため、矯正治療しても歯ぎしりはあまり変化しない場合が多いのです。

では何が原因になっているのかというと、やはり精神的な要素、ストレスが大きな要因になっていると考えられます。子どもさんであれば、友達や勉強、受験、学校での悩みなど、大人の方であれば、人間関係や職場の環境変化、将来への不安などいろいろなことが原因として考えられます。しかし、ストレスの原因をはっきりと突き止めることは非常に難しく、わかったとしても完全に取り除くことはできないことも多々あります。

歯ぎしりが続く場合には、ストレスの原因を探るとともに、歯を保護するために就寝時にマウスピースを付けたり、歯ぎしりを止める装置を付けていただいています。矯正治療で歯ぎしりを治すことは難しいですが、治療後の咬み合わせの安定や歯や歯茎の保護のために、歯ぎしりへのケアはやはり大切です。

2015年6月21日

院長 大西 秀威