矯正治療で後悔しないために

後悔しないために矯正治療には一般の歯科治療と少し違う部分があります。一般の歯科治療、例えば虫歯や入れ歯の治療などは、一度治療したからそれで大丈夫というわけにはなかなかいかず、ある程度の年数がたつと、被せ物や入れ歯のやり替え、メンテナンスなどが定期的に必要になります。しかし矯正治療の場合、一度治療して戻ってきたから再度治療という具合に、一生に何度も治療するということは通常ありません。再度治療するとまた費用がかかってしまいますし、装置をつけて時間と労力を再び費やすというのは、時間的にも精神的にも大きな負担となってしまいます。矯正治療は通常人生で一度しか行いません。

私は当院で矯正治療を受けていただく患者さんには、治療後に「ああしておけばよかったな」とか「こうしなけばよかったな」などの後悔がないようにしていただきたいと常に願っています。今回は矯正治療で後悔しないためにどうしたらいいのかについてお話したいと思います。

歯並びを治したいと当院を受診していいただくと、最初に問診で気になる部分やご要望をお聞きします。例えば

・前歯のガタガタが気になる
・歯が出ているのが気になる
・受け口が気になる
・咬み合わせがずれるのが気になる
・咬み合わせが変わってきている気がする
・どこで咬んだらいいのかわからない
・笑った時、歯茎が見えるのが気になる
・口元が出ているのが気になる
・下顎がでているのが気になる
・顎のゆがみが気になる

などいろいろ気になる部分があると思います。

また患者さんからのご希望として

・裏側から治療したい
・ホワイトワイヤーで治療したい
・痛みを少ないようにしたい
・できるだけ早く治療が終わるようにしたい
・~までに治療が終わるようにしたい
・歯を抜きたくない
・外科矯正は避けたい
・術前矯正を短くしたい
・取り外し可能な装置で治療したい
・ブラケット装置はつけたくない

などの様々なご要望をいただきます。

当院に初診相談に来られる患者さんの多くは、複数気になる部分をお持ちです。気になる部分が複数ある場合は、気になる順番を考えておいていただきたいと思います。例えば「歯のガタガタ」と「口元が出ている」、「歯茎が見える」のが気になる場合であれば、一番気になること(これを専門的には「主訴」と言います)は何なのかをよく考えておいていただきたいです。もし主訴が「歯茎が見える」であったのに、治療が終わった段階で「歯のガタガタ」や「口元が出ている」のは改善しているのに、歯茎の状態は何も変わっていなければ、どんなに治療がうまくいっても満足感は得られないですし、治療は失敗になってしまいます。これは本当に不幸なことです。

治療計画を立てる際には、気になる部分をすべて治すように治療法を考えますが、ご要望の内容によってはすべての気になる部分を完全には治せないこともあります。どうしてもすべてを治せない場合には、優先順位に沿って可能な限り気になる部分やご要望を満たせるように治療法を考えます。ですので、ただ漠然とここが気になるというよりも、必ず治したい部分やご要望をできるだけ具体的にお伝えいただければ、最適な治療方をご提案しやすいですし、治療後に後悔することもなくなると思います。

2014年7月17日

院長 大西 秀威