セルフライゲーションブラケットとは?

従来のブラケットセルフライゲーションブラケット

当院では唇側装置・舌側装置ともにできる限りセルフライゲーションブラケットを使用するようにしています。
現在、唇側装置としては主にクリッピーCブラケット、舌側装置としてクリッピーLブラケットを使用しています。クリッピーブラケットはともにセルフライゲーションブラケットと呼ばれる新しい世代の装置です。それに対して従来からのセラミックブラケットはだんだん使用する機会が減ってきています。セルフライゲーションブラケットには従来のブラケットにない様々な利点があるからです。
では、従来型ブラケットとセルフライゲーションブラケットはどう違うのでしょうか?

矯正装置で歯をどのようにして動かしているかというと、歯に矯正用ブラケットを専用の接着剤で貼り付けて、ブラケットに矯正用ワイヤーを装着し、ワイヤーの力を利用して歯を動かしています。
矯正用ブラケットの断面を見てみると、「コ」の字型のスロットという部分があり、ここにワイヤーを挿入し、ゴムや細い針金でブラケットとワイヤーをくくること(結紮といいます)により、ワイヤーの力がブラケットを通じて歯に伝わります。
従来のブラケットでは、結紮した際にワイヤーがスロットの底の部分(ベースといいます)に強く押し付けられてしまうため、ワイヤーとスロットの部分で大きな摩擦が生じてしまいます。この摩擦力が歯の移動には大きな障害になってしまいます。歯を動かすにはこの摩擦力に勝る強い力が必要になるため、痛みが出やすく、歯が動きにくい傾向があります。

一方、セルフライゲーションブラケットでは、ブラケット本体に結紮用のシャッターやクリップがついており、ゴムや針金での結紮が必要なくなっています。セルフ(=自分自身)ライゲーション(=結紮)というわけです。
セルフライゲーションブラケットではゴムや針金で結紮しないため、ブラケットとワイヤー間に大きな摩擦力が生じません。そのため、弱い力で歯を動かすことができ、痛みも少なくなるというわけです。

セルフライゲーションブラケットのもう一つの利点として、1回の診療時間(チェアタイム)を短縮できるということが挙げられます。従来のブラケットでは来院ごとにゴムやワイヤーをつける・はずすという作業が必要でしたが、セルフライゲーションブラケットではその必要はありません。1回のチェアタイムは従来のブラケットに比べ、1/2~2/3ぐらいになります。

ただ、セルフライゲーションブラケットにも欠点があります。装置が従来のセラミックブラケットより若干目立ちやすいことです。
特に以前よく当院で使用していたデーモン3ブラケットは、装置の半分が金属でできていため、審美的にはいいとはいえませんでした。現在は金属のクリップ部分がコーティングされたクリッピーCブラケットを使用していますので、審美面ではずいぶん改善されました。
もうひとつの欠点として、ゴムでの結紮が必要なくなったため、カラーゴムを使用することができなくなりました。カラフルなゴムで治療を楽しみたいという患者様には、従来型のブラケットを使用していただくことになります。もちろん従来型のブラケットでも治療は十分にできますし、治りにくいということもありませんので、ご安心ください。ただ、少し痛みが強くでるかもしれません。

つい数年前まで舌側装置のセルフライゲーションブラケットは存在しませんでしたが、クリッピーLブラケットやハーモニーシステムの登場により、リンガルでもずいぶん治療がしやくすくなりました。
矯正装置は日進月歩で進化しています。当院では最新の知識・装置をどんどん取り入れて、今後もより快適で安心できる治療を目指していこうと思っています。

2012年4月8日

院長 大西 秀威